甘酒

自宅で甘酒製造!作り方にはコツがある!

甘酒

発酵食品シリーズ第二弾!今回は甘酒だ!

今回紹介するのは、いわゆる米麹(こめこうじ)の甘酒だ。日本で昔から作られてきた発酵食品の一つだ。

酒粕から作る甘酒もあるが、あれは酒粕買ってきて、水で溶いて熱しつつ砂糖を入れて完成だから、コツも何もない。また、酒粕甘酒は苦手な人も結構いるが、麹甘酒は、自然な甘さが美味しいぞ!

米麹甘酒を自宅で作るメリットだが、濃いやつを食い放題してもコストが安いに尽きる!

甘酒の作り方

甘酒製造は、前回記事のヨーグルトと同様に、ヨーグルトメーカーを使えば簡単だ。

ちなみにヨーグルトメーカーとは、発酵に適した温度帯をキープしてくれる、いわゆる保温器だ。

ヨーグルトメーカー

おじさんが使っているヨーグルトメーカーがこれだ!

ROOMMATE いきいきヨーグルト&納豆家族

説明書によると、ヨーグルトや甘酒のほか、納豆も作れるとのことだが、納豆の作り方は半端なくメンドクサイのでやったことないぞ。買っても安いしな!

なお、1500mlと1350mlの容器が付属しているので、一週間毎日3食ヨーグルト食べても十分足りるぞ!

ちなみに、容器がもう一個欲しい場合、このヨーグルトメーカーでいい感じで使えるサイズの容器があったので紹介しとく!

iwaki 耐熱ガラス密閉パックサイズ…1L  品番…KT7002MP-R)

glass
ヨーグルトメーカーに元々付属している容器は、2つあるがプラスチック製だ
これはガラス製で熱回りがよいし、傷もつきにくいのでなかなか使い勝手がよいぞ!

作り方

甘酒の作り方は、炊いたご飯とお湯と米麹を混ぜてヨーグルトメーカーの中で発効する、という単純なものだ。

材料

量は目分量でいいぞ。

  • 炊いたご飯 茶碗2杯くらい(玄米・雑穀ご飯でも可、おじさんは玄米派だ)
  • 水(お湯) 大体700mlくらい(アルカリイオン水でも可)
  • 米麹 スーパーで売っている200g~300gのものでOK(麹によって多少味が変わるぞ)

手順

  1. 容器とかき混ぜ用のスプーンを消毒する。おじさんは、アルコールティッシュと熱湯消毒を併用しているぞ。
  2. 水700mlのうち、550mlを沸騰させよう。おじさんは電子ケトル派だ!
  3. 湯を沸かしている間、甘酒作る容器にご飯を投入だ。
  4. 沸騰したお湯をご飯入れた容器に入れて、よくかき混ぜよう。
  5. ご飯をブレンダーで混ぜ潰して、ご飯粒を細かくしよう。こうすることで発酵効率が上がる。ブレンダーがない場合は、しなくても大丈夫だ。
  6. 残った水150mlを容器に投入する。これで温度が大体67~8℃くらいになると思うので、米麹を入れる。
    ※麹菌は、温度が高すぎると死んでしまうので、米麹を入れる目安は、65℃前後だ。念のため、最初に作るときは温度をはかった方がいい。
  7. 温度55℃、8時間にセット。8時間の発酵中、1~2回くらい中をかき混ぜると、発酵が均一になっていいぞ。
  8. 出来上がったら、ブレンダーで混ぜつぶすと、市販の甘酒のように食べやすくなるぞ!

こんな感じだ。ポイントは消毒と、ブレンダーだ。ヨーグルトと違って温度帯が高いので、ヤケドに注意してくれ。

また、雑穀入りご飯、特に麦は繊維が出て気持ち固い食感になるぞ。

甘酒の効能

甘酒は、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養価が高いと言われている。

だが、実はそれだけじゃない!

甘酒には、世界広しといえども、麹菌からしか作られない「麹酸」という美容成分や、超高価な抗酸化物質「エルゴチオネイン」が含まれているのだ。

まさに、飲む美容液!

おじさんは、自家製ヨーグルトに自家製甘酒をいれて、一日3回食べているぞ!

お陰で毎年若返る一方だ!

ウソだ。さすがにそこまでは若返らない。

だが、体にいいことは間違いない!ぜひ甘酒づくりにチャレンジして欲しいぞ!


人気ブログランキング